日本の鯨釣りはアラスカ先住民に影響を与えるかもしれない

国際捕鯨委員会(IWC)を去るという日本の決定は、そのような漁業で生き残っているアラスカの原住民に影響を与える可能性があります。

Alaskan Energy Deskによると、日本は先月、30で初めて商業狩猟を再開する委員会を辞任すると発表した。

国際委員会は、クジラの人口が減少した1980の10年間で商業的狩猟を禁止しました。

アラスカエスキモークジラ委員会の委員長であるジョン・ホプソン・ジュニア氏は、「日本がIWCに留まることは、我々にとって最大の利益になるだろう」と述べた。 「彼らは我々のクォータを得ることにおいて我々の強い同盟国でした。」

国際委員会は、アラスカでの自給自足狩猟の割り当てを設定します。

アラスカのエスキモー鯨委員会の弁護士、ジェシカ・ルフェーブル氏は、他の国々が日本の指導に従って国際委員会を去ると、アラスカ先住民の支持が減る可能性があると述べた。

委員会は昨年、特定の条件下での先住民族の自給自足のための狩猟の更新を行った規則の変更を承認しました。 委員会に日本がいないと、ルール変更の安全性が低下する可能性がある、とLefevreは述べた。

「われわれにとっての主な脆弱性は、日本からの撤退を考えれば、CBI内の力の均衡が反捕鯨連合に向かってより変化した場合、自動更新は将来のある時点で挑戦される可能性があることである」

商業捕鯨禁止の後、日本は絶滅危惧種でさえもクジラを探し続けた。 日本は現在、非常に批判的な慣行を終わらせることを計画しています、しかし、その領海とその沿岸に沿って320キロメートルのその排他的な経済地帯で商業狩猟を許可するつもりです。

ソース:朝日

広告

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *