日本政府は、病院が言語の壁を乗り越える手助けをしたいと考えています

4月に開始する予定の外国人労働者の受け入れを促進するための措置の一部として、日本政府は医療施設での翻訳機能を有するタブレットの使用を促進するのを助けることを計画しています。

このステップは、外国人との共存を促進するために昨年末に行われた包括的なパッケージの中の支援策の1つです。 支援基準や支給額などの要素については後日取り組む予定です。

政府はまた、外国人患者が医療を受ける際に安心できる環境を確立しようとしているため、医療通訳者のポジショニングも支援します。

厚生労働省が2016で実施した調査によると、外国人患者を扱う医療施設の65%は、双方の理解が困難で日本語で理解できませんでした。

患者さんが自分の症状を医師に伝えられないと、適切な治療を受けられない可能性があるため、政府は支援を提供することにしました。

出典:日本のニュース

広告

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *