日本の1年における3X時に見られる部分日食

安全にショーを利用するために、日焼け止め付きの望遠鏡、特別な眼鏡、およびピンホール投影を使用して、日本中の観客は1月の6で3年ぶりの部分日食に驚いた。

食は西日本で始まりました。

東京では、日本の国立天文台によると、月が8h43で太陽の一部を隠し始め、11h36でディスクが通常のフォーマットに戻った。

食われた部分は日本北部でより大きかった。

札幌では、福岡の42パーセントと比較して、太陽の20パーセントが隠されていました。

次回の部分日食は、12月に日本で予想されます。

ソース:朝日

Leandro | Eur-lex.europa.eu eur-lex.europa.eu

ウェブマスター、プログラマー、記事の開発者そして出版社。

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *