サーフィン:日本が2019で世界サーフィンゲームを主催する

国際サーフィン連盟は、世界サーフィン大会は、来年日本に戻り、最初の直接のスポーツがそのオリンピックデビューをするであろう東京ゲーム2020、ランク付けされることを日曜日に発表しました。

男と南東九州の宮崎県のKisakihamaのビーチで7 15 9月に2019イベントで、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、オセアニアのより良い資格の女性は、自動的東京2020の資格。

アメリカのサーファーは、2019パンアメリカンゲームでその結果に基づいて資格を与えられます。

ISAが国際的なイベントを日本で開催するのは3年連続です。

「日本は、メインISAのイベントを開催、その異常な組織能力を実証してきましたので、我々は我々のメインイベントで3年連続で、この素晴らしい国に戻ることに興奮して誇りに思っている、」ISAの会長、フェルナンドAguerreは語りました。

「優れた天候、優れた波と日本人の暖かい精神によって、宮崎はこのイベントを開催するのに最適な場所になるだろう」と彼は付け加えた。

敦堺、日本サーフィン連盟の会長は、彼が世界に東京2020の対象となります選手のプレビューを与えるために熱望していると述べ、9月にWSGの日本のパフォーマンスを称賛しました。

「昨年の日本金メダルのパフォーマンスは、世界の優秀な才能を示した画期的なものだった」と酒井は語った。 「自宅で初めてタイトルを守ることを楽しみにしている」

田原、愛知県の太平洋ロングビーチで、今年でWSGは、日本チームは、その最良の結果を掲載して、世界サーフィン大会の歴史の中で銀メダルカノア五十嵐に一部のおかげで最初のチームの金メダルを獲得しました。 。

両親彼が生まれる前にカリフォルニアに移動五十嵐は、2020で日本を代表することを期待して今年初めに彼の競争力の国籍を変更しました。

日本では、ホスト国として、20オリンピックの各自動出場権がサーファーを描画しており、別のものを獲得するチャンスがあります。

出典:共同通信社

Leandro | Eur-lex.europa.eu eur-lex.europa.eu

ウェブマスター、プログラマー、記事の開発者そして出版社。

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *